みんなたくさんの色を持っている

荻窪でお寺ヨガをしているJunkoです。

突然ですが、
みなさんはどんな顔をお持ちですか?


誰かと会う時いろんな肩書きがついてきますね。

私であれば、
ヨガのインストラクターであり、
子を持つ母であり、
妻であり、
〇〇君のお母さん、
ダンスをしていたJunkoなど、
色々な顔があります。

多趣味で社交的な方は、
もっともっと色々な顔をお持ちかもしれません。


初めてお会いするとき、
どの肩書きで会うかによって、
使う言葉や表現・その後の付き合い方も変わってきます。

この肩書きは便利なようで、
時には大切なことを隠すこともできるもの。


お世話になっているお寺のおくりさんが、
クラスによく参加くださいます。

人生の大先輩であり、
沢山の人を見てこられたであろう経験もあって、
私は自分の未熟なところを見透かされそうで、
最初はお話しするのにとても緊張しました。
(失礼なことをしたらヨガをできなくなるかも、、、なんて内心ビクビクしてました汗)



ある日、クラスの前後の時間に
ご出身や結婚までの経緯など伺ったことがありました。

今のおくりさんしか知らない私にとっては、
「おくりさん」という顔しか見えていなかった。

でも、生い立ちや馴れ初め・ご結婚されてからの話を伺うと、
「おくりさん」以外の一個人としての顔が見え
とても親近感を持つようになりました。

自分も色々な経験を積み重ね、
複数の顔があるように、

他の方も色々な経験があって、
今見せてくださるのと別の顔もある。


〇〇だからと一括りに出来ない、人の多様性。
人種や性別や性的嗜好だけじゃなく、
その人の生い立ち〜今までの経験をトータルで見ると
みんな違うのは当然で、違っていいね。



以前ヨガの先生が言っていて、どうしても腑に落ちなかった言葉。

「あなたはすでに完璧です。足りないものはないよ。」

当時の私

いやいや、足りないところしか見当たりませんが、、、

当時の私には、そうとしか思えなかった。
(8年前とか?若かったからね、、、)

人間性とか、スキルとかしか見えてなかった。
他者と比較する時は、どうしても足りないところに目が向く。

でもこの世に生まれ(この時点で奇跡ですね)、
誰一人同じ経験をした人はいない
そう思うと、先生の言っていたことが少し近くに感じられました。

目の前の人と対話すると、
いろんな顔が見えてきて面白い。

そんな出来事でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です